第一印象が最悪だったという女性の特徴とは?

友人の男性から聞いた話なのですが、その男性が奥さんとはじめて会った時の最初の印象はとにかく怖い人だったというのです(笑)

彼と奥さんが出会ったのはアルバイト先で、彼が後からバイトに入りました。
その初日の奥さんはとにかく社員にイライラしていて、終始機嫌が悪くて、そのイライラが怖かったと話していました(笑)

いらいら

このようにその後好転したけれども、第一印象が最悪だったということは他でも多くあるようです。

やはり恋愛テクニックとしては、第一印象をよくするに越したことはありません。
そこで今回は第一印象が最悪だった女性の印象についてご紹介していきたいと思います。

まず最初にとにかく見た目が派手で関わりにくいと思ったということです。
とにかくメイクや服装が派手で話しかけるのも勇気が必要だったという意見や、
ギャルっぽい雰囲気で怖い雰囲気があったけれども話すと優しい子だったという意見もありました。

やはり見た目が派手っぽい人だとやや話しかけにくいと思う人もいるようです。

ケバイ

ですが派手な見た目とは裏腹に、実は性格がとても良くて親しみやすくて好感が持てたというケースも多いです。
見た目のギャップもあるかもしれませんが、やはり内面を見ると見えてくるものがあるようです。

恋愛テクニック上級者なら、その「ギャップ」を狙っていくのもありかもしれませんが、かなり難易度高そうですね。

また他にもテンションが低すぎて第一印象が最悪だったというパターンです。

朝テンションが低い子で、挨拶をしても素っ気なかったけれども、普段はとてもよく話す子だったという意見や、
ツンツンしている子だけれども、プライベートで飲みに行ったら普通に優しい子だったという意見がありました。

実は優しい

このように普段の姿とはまた違った姿を見ることで印象が変わったということもあるようです。

本当に親しみやすい人というのは長く付き合っていかないとわからないものなのですね!

また私の友人と奥さんのように、出会うタイミングが悪かったということもあります。

初めて会った時は、誰かを怒った後だったらしく終始怖かったという最悪な第一印象であったり、
逆に、常に怒っている雰囲気の人だったけれども、飲み会の時は丁寧な振る舞いをしていたという意見もありました。

このように初めて会ったその日にたまたま機嫌が悪かったりしたことで、第一印象が最悪だったということもあるようです。

確かに第一印象で怒っているような人だったら、ちょっと萎縮してしまいますよね。

このように今は平気だったけれども、第一印象は最悪だったということがよくあるようです。

第一印象が悪いと親しくなるのにもやや時間がかかってしまうかもしれません。

初めて会う人がいるならできるだけ穏やかな気持ちでいることが大切な恋愛テクニックかもしれませんね!