友達と思っていた女性を異性として意識する瞬間とは?

今までは女友達として接してきたのに、
ふとした時にその女友達にドキッとした瞬間があると、突然「異性として」意識し始めるものです。
一体男性は女友達のどんな瞬間に女性として意識するようになるのでしょうか?

まずは偶然という出来事です。
手が一瞬触れたり、たまたま家が近所だったりすると男性は少なからず女性を異性として意識するようです。

タッチ
確かにこれは偶然といえば偶然なのですが、
この偶然がもしかしたら運命的な何かがあるのではないかと無意識に思うようです。

物を取る時に手が触れて、

「ごめん!」

なんて言ってみたり、
家が近かったりすると、ついその子を待ってようかなと思ってしまうようです。
意中の相手がいるなら、恋愛テクニックとして試してみてはいかがでしょうか?

他にも女友達が女性らしい一面を見せた時にもドキッとするようです。

「私は料理が得意」

「子供が大好き」

なんていう女性らしさの一面を見ると、やはり女性を異性として意識するようです。

「いつか自分にも料理を作ってくれないかな」

「この人ともし結婚して子供ができたらどうなるんだろう」

なんて考えるようになるそうです。

家庭系
確かに普通の女友達だと思っていたのにこういう女性らしい一面を見てしまうと、
どうしても異性として意識してしまいますよね。

そして一番ドキッとしやすいのは、突然綺麗になった時だそうです。
恋をしている時ほど女性は綺麗になってくるものなのですが、
久しぶりに会ったりした時にあまりにも綺麗になっているとやはり友達ではなく異性として意識してしまうようです。

綺麗

このように普段は女友達だと思っていたのに、
ふとした一面を見てしまうと女性として意識してしまうようです。

もし気になる男友達がいたら、恋愛テクニックとしてさりげなくアピールしてみてはいかがでしょうか?