遅刻してきてもつい許してしまう謝り方とは?

よく待ち合わせをしている時に、相手が遅刻してくるということがありませんか?

遅刻してくる男性

もちろんやむを得ない事情があるなら仕方ないなぁと思うかもしれませんが、
結構待たされた時はイライラしてしまいがちですよね。

でも相手の謝り方によってはついつい許してしまうということもあるようなのです。
ではどのような謝り方をされたら許してしまうのかを今回ご紹介していきたいと思います。
恋愛テクニックとしてだけではなく、仕事や他の人間関係にも役立ちますので、ぜひ覚えておきましょう。

まずはとにかく平謝りするというものです。
必死に謝ってきてくれると、気持ちも伝わって許そうと思えるという意見であったり、
一生懸命に謝っている姿を見ると、誠意があって良いなと思うという意見がありました。
軽いノリで、

「ごめんごめん」

なんて言われるよりも、本当に申し訳ないことをしたという態度で来ると、
そこまで謝ってくれるなら許そうかなと思える傾向にあるようです。

やはり誠意がこもっていると相手に伝わりやすいようですね!

また他にも理由を正直に話してくれた時というのもありました。
しっかりと謝罪をした後に何故遅刻したのかを説明してくれると、

「そういうことだったのか」

とわかるので良いと思うという意見であったり、
遅刻するのにはワケがあるから、その理由をしっかりと説明してくれればそんなに気にしないという意見がありました。

喧嘩

謝罪はもちろんのことですが、何故遅刻してしまったのかというのをしっかりと話すのも良いです。
やむを得ない事情もあると思うので、それがわかるだけでも許そうと思えるようです。
また他にもお詫びに何かをご馳走してくれたら逆に嬉しいという意見や、
事前に連絡をくれれば問題ないと思うという意見もありました。

このように遅刻に対して様々な意見があるようです。
遅刻は仕方ないことなので、誠心誠意こめて謝ることと、理由をしっかり話すようにして相手に不快な思いをさせないようにしましょう!